施設案内

松浦武四郎の偉業を後世へ
 

松阪市(旧三雲町)では、この偉大な松浦武四郎の功績を偲び、松浦家で代々大切に保存され、
寄贈を受けた武四郎ゆかりの資料を展示する博物館として、「松浦武四郎記念館」を、平成6年(1994年)に開館しました。

記念館外観

「松浦武四郎記念館」には、松浦家から松阪市(旧三雲町)に寄贈された武四郎の貴重な資料を数多く収蔵しています。 平成20年(2008年)に、松浦家から寄贈された資料のうち、1505点が国の重要文化財に指定されました。

展示室

松浦武四郎記念館の展示室では、約2ヶ月ごとに資料を入れ替えながら、多彩な分野で活躍し、さまざまな顔を持っている松浦武四郎の姿を紹介しています。

会議室

 毎月第2日曜日午前10時から、松浦武四郎のことを知ってもらうための講座を開いています。 第127回 武四郎講座 演題「聖跡二十五霊社順拝双六」 講師:山本命(当館主任学芸員)

展示室

展示案内 平成29年10月3日火曜日 ~ 12月10日曜日
展示  武四郎の終活

松浦武四郎誕生地前には、旧伊勢街道が通っています。
四日市の日永の追分から伊勢神宮まで続くこの道は、たくさんの旅人たちでにぎわっていました。

武四郎が13歳の時、全国で「おかげ参り」が流行します。旅人たちが旧伊勢街道を通って伊勢神宮を目指す姿を、武四郎はこの家から眺め、旅へのあこがれを募らせていたのかもしれません。

慶応3年(1867)頃に完成し、お客さんが来た時にもてなす場所として使用されていました。
また、離れの庭には、武四郎の建てた灯篭があります。

近鉄伊勢中川駅東口からタクシーで約7分
伊勢自動車道久居ICより約15分

休館日  月曜日、祝日の翌日  ※詳しくはカレンダーをご覧下さい。
開館時間  9:30~16:30
入館料   大人310円、6歳以上18歳以下200円
団体料金  大人200円、6歳以上18歳以下100円
※20名以上は団体割引となります。
※受付で障害者手帳ご提示の方、未就学のお子様は無料です。